学校紹介:St Hilda’s Collegiate School

学校紹介スタート!最初の学校は、我が娘の母校、ダニーデンでも人気の女子校St Hilda’s Collegiate Schoolです。

この学校紹介では、私が実際に訪れた際の体験に基づいてご紹介していきます。

生徒数約450名、比較的小規模な女子校St Hilda’s Collegiate Schoolは、現地のKiwi Girlsに人気の女子校です。南島全土から生徒たちが集まり、遠方から入学する子どもたちのための寮も完備しています。

もともと私立だったこの学校、現在はインテグレーテッド・スクール*としてキリスト教を理念に運営されています。子どもたちは毎週決まった日にチャペルに集い、祈りを捧げます。

さて、このSt Hilda’s Collegiate School、外観はこんな感じです。
Officeの扉を開けると、とても感じのいい受付のカレンさんが出迎えてくれます。受付のスペースには歴代の制服を着た人形や生徒たちのアート作品などが展示されています。

こちらが図書館。みんな思い思いに本を読んだり、勉強したり。
よく授業でも図書館を使います。生徒たちはビーズクッションにもたれて、リラックスしながら課題に取り組みます。日本にはない光景です。娘はNZの学校のそんなところが大好きだとよく言っていました。

St Hilda’sの図書館

教室はこんな感じです。日本のようにびっちりと机が黒板めがけて並んでいる・・・という感じではありません。いろんなスタイルの教室がありますが、全体的に自由度が高い印象です。

そして、この学校、実はニュージーランドで唯一のアップル社認定校(Apple Distinguished School )なんです。JuniorレベルではiPadを使い、学年があがるとみんなMacのラップトップを学校に持参して授業に参加します。授業でもITを駆使してさまざまな取り組みを行っています。最先端のICT教育を誇っています。

この中庭を囲む感じで校舎がたっていて、ここでみんな思い思いにランチを食べたり、友達とおしゃべるしたり・・・時間を過ごしています。

中庭

最後にインターナショナルの部屋にお邪魔しました!ここで留学生たちは週に1回一緒にランチを食べているそうです。また、ディレクターのシャロン、マネージャーのネリ、ホームステイコーディネーターのロベルタにはここで会えます。必要な時にしっかりとサポートしてくださる心強い先生たちです。

留学生のための部屋。写真右が留学担当ディレクターのシャロンさん、左は下見にご案内した品川の英語スクール「Seed Academyの宮崎様

最後にもう少し写真をお見せします!

なかなか写真だけでは伝わりにくいと思いますが・・・この学校の魅力を少しでも感じていただけたら!と思っています。

留学office LAUでは、2019年8月31日(日)留学担当ディレクターのシャロンさんを招いて無料の留学セミナーを開催します。ディレクターと直接お話ししていただくいい機会です。ぜひぜひご参加ください!
【ブログで紹介】https://ryugaku-lau.com/2019/07/17/blog19/
【イベントの詳細ページ】https://ryugaku-lau.com/lau-event/lau-seminar/

2019年11月4日(月)~8日(金)の期間で現地での学校下見も受付中です。詳しくはLAUまでお問合せください。

Please follow and like us:
error