小学生・中学生の海外の全寮制(ボーディングスクール)への問い合わせが2倍に!

本日の日経MJの一面トップで、「かわいい子には全寮制」の見出しが躍り、富裕層で人気が高まっている小中学生のボーディングスクールを特集しています。

年間1000万円・・・と高額であるにもかかわらず、ボーディングスクールについての問い合わせはこの3年で2倍に増えているそうです!

なぜ小学校・中学校からボーディングスクールなのか。

教育投資」という考え方がその核にあり、教育にお金を惜しまない。英語はもとより、多様な人とのかかわりとそのかかわりの深さ、つまり人脈づくり、そして自立心を養わせたいという考えがあると書かれています。

私が娘の中学留学を考えたとき、同じくこれらのことについて考えていました。この記事には触れられていないポイントもいくつかありますが、それらはこちらのリンクに記載していますのでよければお読みください!

記事の中では、低年齢でのボーディングは注意が必要だという内容も書かれています。実は私もこの意見に賛成です。かならずしも、だれにでも合うものではありませんし、低年齢であればあるほど母国語である日本語の習得という面においても不安が残ります。

が、この記事が最後に問いかけているのは — AI時代を見据え教育への関心が高まる中で「親の役割とは何か」 — ということ。みなさんはどう考えますか?

***

さて、最後に・・・私がサポートしている学校で寮を持っている学校は4校あります。

どれも歴史があり、その教育は素晴らしいと言われる、イギリスの教育を根底に持つ名門校です。小学校で寮を持っている学校はありませんが、学校によってはYear7(日本の小学校6年生)から寮に入れる学校があります。

いわゆる英国やスイスの全寮制の学校とは違いますが、ニュージーランドの学校の寮生活も子供の自立を促し、共同生活によって多様・多彩な経験ができるために、人気があります!

寮かホームステイか・・・という質問よくお受けします。ご相談承ります!

Please follow and like us:
error