ニュージーランド オンライン留学フェア 2020- 9月20日開催

ダニーデンからはオタゴボーズ・ハイスクールが出展します!

昨年の六本木ヒルズでは大盛況だったエデュケーション・ニュージーランド主催の留学フェア、今年はオンラインでの開催となります。
ちょっと寂しいですが・・・盛り上げていきたいと思います!

今年は9月20日(日) 10:00~ です!事前登録が必要ですので、お忘れなく!事前登録はこちらから

ダニーデンからはオタゴボーイズ・ハイスクールが参加します。
オタゴボーイズといえば・・・まるでスコットランドのお城のような美しい校舎で有名です。ニュージーランドの公立校の中で3番目に古い学校で、文武両道の名門校として知られています。

オタゴボーイズは、Year9~Year13(日本では中学2年生~高校3年生)の男子が通う学校です。
ラグビーの強豪校としても知られ、オールブラックスの名将として知られるリッチー・マコウさんの母校でもあります。

去年はオタゴボーイズの留学担当ディレクターが来日し、LAUでも「留学座談会 オタゴボーイズの留学ディレクターを招いて」を9月に開催し、大盛況でした!
昨年の座談会報告はこちら

オタゴボーイズへの留学について知りたい方はぜひお問合せください。
LAUはダニーデンの学校への留学をサポートする留学エージェントしてスタートしました。ですので、ダニーデンの学校はお任せください!

現地にてお子さまの生活をサポートする現地スタッフとしっかりタッグを組んで、お子様の留学を全面サポートいたします。

オタゴボーイズ


昨年以来、オークランドなどダニーデン以外の学校への留学もサポートさせていただいています。
今年はさらにその範囲を拡大して、ウェリントンやクライストチャーチの学校もご紹介できるように・・・‼と思い準備を進めています。

ニュージーランドから約35校の小学校~大学までが参加!

ニュージーランドの経済の中心オークランド、首都であり政治の中心ウェリントン、南島の最大都市クライストチャーチ、そして我がダニーデン、インバーカーギルなどから、総勢35校が参加します。

主には公立校ですが、名門私立校も今年は参加!寮のある学校もいくつかそろっています。
小学校からあり親子留学ができる学校や、中学・高校~大学まで、学校の留学担当者から直接話を聞くチャンスです。

オンライン留学フェアに参加するオンライン留学フェア 参加校一覧はこちらからご覧いただけます。

オンライン留学フェアでは、事前登録をした各学校のブースを訪れ、プレゼンテーションを聞くことができます。
従来の対面のフェアのようにはいきませんが・・・学校の様子や特長を知っていただけます。

事前に各学校の資料をダウンロードしたり、紹介ビデオをみて情報収集することができます。
限られた時間でいくつかの学校を絞り込んでの参加になるので、事前リサーチ必須です!

気になった学校があれば、LAUにお問合せください!
さらに詳しい情報をご案内させていただきます。

事前リサーチのポイントとしては
どの町にある学校か:北島、南島?
学校は公立か私立か:学費がかなり違います・・・
どのタイミングでの留学を考えいるか:Year9以下(中学2年生以下)であれば、IntermediateまはたPrimary
学校の規模、留学生の受入数は:小規な学校や大規模な学校、どちらがいいか好みがあります
短期留学?ターム留学?それとも長期?:学校によっては春休みや夏休みを利用した短期留学は受け入れていない学校もあります。ターム留学や長期留学はどの学校も可能です!

街中の学校か、街から離れた郊外にある学校か
日本人の少ない学校がいいか、多くてもいいか:オークランドはやはり日本人が多めです。

 

何か質問がある方は遠慮なくLAUまでお問合せください。
ちなみに・・・オタゴボーイズは街の中心にあります。とっても便利で、友達と学校帰りに街でぶらぶら・・・なんてことも。

オンライン留学フェアにでたあとどうする・・・!?

ニュージーランド オンライン留学フェアは、ニュージーランドの学校を知るためのイベントです。
ウェブサイトをリサーチし、参加校の話を聞き、「この学校いいなぁ」「こういう学校で学んでみたいなぁ」と意欲が高まったら・・・その次は?

もし留学を決めているなら、もう少し具体的に話を聞いたり、情報を集めます。
これから留学を考えるのであれば、自分(またはお子さま)が実現したい留学を考え始めます。

いつごろ行く?
どれぐらいの期間いく?
行くために必要なことは?

これらはやはり留学エージェントの専門領域です。
・・・あまり大きな声では言えませんが、ニュージーランドの学校は留学エージェントの推薦をとても大切にしています。
もちろん、それだけではないのですが、エージェントが「この子は大丈夫」と太鼓判を押すと、信頼関係のある学校の留学担当ディレクターは「だったらぜひ!」と言ってくれます。

ですので、手続きをもれなくきっちりと効率的に進めるためにも、留学エージェントはニュージーランド留学の味方になってくれる存在だとも言えます。

まずはご相談ください!
ダニーデンの学校はもちろん、今回のフェア参加校含めその他の学校でもサポート可能です。
無料の個別相談を実施しています。全国からオンラインでもご相談可能です!

ニュージーランドの現状 – いつになったら留学再開?

NZ首相 - ジャシンダ・アーダーン氏

最後になりましたが、ニュージーランドの現状をお伝えします。

ジャシンダ・アーダン首相率いるニュージーランドのコロナ対応は世界から賞賛を浴びています。5月中旬に警戒レベル2へ、そして6月9日には警戒レベル1へと引き下げ、世界に先駆けてノーマルライフを取り戻しました。しかし、8月11日に103日ぶりにオークランドで新規感染者が出たことにより、オークランドのみ再びロックダウン、他の地域は警戒レベル2に引き上げられました。

その後、感染者数が落ち着いてきたこともあり、今はオークランドでは警戒レベル2.5、ロックダウンは解除されています。

そんな状況の中、ニュージーランドはいつごろ留学生の受入れを再開するのか・・・?
業界内でもさまざまな見方や予測が飛び交っています。

ニュージーランドの教育省も2021年の1月には、と言ってはいたものの、ちょっと先行きが見えなくなってきています。
とはいえ、隣国のオーストラリアが受入れ再開に向けて動き出していることもあり、様子を見ながら国境を開ける方向に動いていくだろうと考えられてはいます。1月は難しいかもしれませんが・・・業界内では留学生受入れ再開に向けて水面下で交渉が進んでいると聞いています。
10月17日に延期になった総選挙後、国境制作に新たな動きがあるのでは?と期待しています。

今はまだいつになるかははっきりしたことは言えない状況が続いていますが・・・ひとつ私たちにできること。
それは2021年の留学に向けて準備だけは進めておくことです。

学校によって対応はさまざまですが、来年の願書を通常通り受け付けている学校がたくさんあります
国境が開いたらすぐにでも待ってくださっている生徒さんたちを受け入れたい!
これはどの学校の留学担当ディレクターも同じみたいです。

ですので、この機会にぜひ学校を見てみて、来年または再来年の留学を希望している方は準備に取り掛かりましょう!
留学準備はしっかりと時間をかけて、英語の準備も併せて取り組むことが大切です。

ニュージーランド オンライン留学フェアには事前登録が必要です。登録はこちらから
オンライン留学フェア前後のLAUへのお問合せ、無料相談のお申込はこちら:info@ryugaku-lau.com または03-6822-3339
LINEでも受け付けています。

友だち追加

Please follow and like us: